.

クレジットをお店で利用する際、経験がおありかと察しますが、担当者がわかっていないためにどちらの紙をお客様のもとへ渡したら良いのか迷うときがあるのではないでしょうか。といいますのも、カードを使うと3枚1組の利用レシートというものが発行されるからでありどれをカード利用者へ渡して良いのか迷いやすいということがあります。利用レシートの説明)これらの紙の解説は?をまとめると下の通り。1お客様に渡す使用レシート。2お店の控え使用レシート。3クレジットカード会社控え明細レシート(署名を書くレシート)。普段はもちろん利用者のもとへ保管して頂くレシートを渡してくれるはずですが、時には店舗で保管する紙をお客さんへ見間違えて渡すようなことの他、サインされた方の利用レシートを渡すというようなパターンすら見受けられる。このようなパターンは時間給の担当者であるとか、それほどクレジットカードというものが使われることの少ない店舗の会計においてクレカを使用する際それらの従業員の動揺を体験できることでしょう。もし店舗スタッフが上記のように使用レシートというものを渡そうとしてきた場面では「間違ってますよ」などと言ってあげてください。